糖尿病を治療するためには生活習慣の見直しが必須

看護師

血糖値が上がる病気を治す

笑顔の男性

糖尿病は、すい臓のβ細胞の機能不全によって、インスリンの低下が発生する事で発症するため、すい臓のβ細胞の負担を軽減させる事が目的の治療となっています。食事療法・運動療法・薬物療法が基本となっていますが、近年では水素水の摂取による治療が注目されています。

詳細へ

その血糖値を下げるには

2人の看護師

糖尿病の治療の一つにインスリンの投与がありますが、これまでは注射するしかありませんでした。しかし、今後は吸入式の治療法が一般的になるのではないでしょうか。また、糖尿病の食事制限は総摂取カロリーが重視されてきましたが、糖質制限を重視する考え方が出て来ました。参考にするのもいいのではないでしょうか。

詳細へ

インスリンの働き

ハートを持つ看護師

薬や注射で

糖尿病は、インスリンの働きが悪くなることで、血液中のブドウ糖が細胞へと送られにくくなる病気です。ブドウ糖は細胞にとっての食事なので、それが十分に届けられなくなることで、細胞は力を失っていきます。したがって糖尿病を放置しておくと、細胞の衰えにより全身の機能が低下していくことになります。インスリンの働きの悪さが原因ですから、糖尿病の治療は、インスリンの働きを促すという方法でおこなわれています。具体的には、インスリンの分泌量を増やす薬の処方や、インスリン自体を体内に注入する注射がおこなわれているのです。現在では、糖尿病を発症する人は急増しています。そのため全身の細胞をこういった治療で守る人もまた、増えていくことが予想されています。

生活習慣の乱れが原因

インスリンの働きが悪くなる原因の多くは、生活習慣の乱れにあります。たとえば暴飲暴食をして体内にブドウ糖を多く取り入れていると、インスリンがそれを処理しきれなくなり、酷使による疲れから働きが悪くなってしまうのです。また運動不足が続いていると、体の代謝機能が衰えて、やはりインスリンが十分に働かなくなります。そのため糖尿病の治療は、食事の内容に気をつけたり、適度に運動をしたりといった方法でもおこなわれています。比較的軽度の糖尿病なら、こういった治療によって、悪化を防いだり改善したりすることもできます。もちろん、発症する前に生活習慣に気をつけていれば、発症することなく健康な状態を維持することが可能になります。

費用と食事の話です

病院

様々な病気の中でも、糖尿病の治療は長期的に及ぶため、費用もかかります。しかし、民間の医療保険で糖尿病を支援しているところもあります。また、糖尿病において食事はとても重要なポイントとなり、バランスのとれた、血糖値の上がりにくい、カロリーコントロールされた食事が特徴として挙げられます。

詳細へ