糖尿病を治療するためには生活習慣の見直しが必須

女の人

費用と食事の話です

病院

医療保険を使います

有名な生活習慣病である糖尿病ですが、そのタイプは大きく二つに分けることが出来ます。糖尿病にはインシュリンの量が減少している1型と食べ過ぎや運動不足などの生活習慣の乱れによって発症する2型とありますが、いずれのタイプにせよ、長期的な治療が求められることは言うまでもありません。特に1型の治療に関しては一生インシュリン注射が欠かせません。そのため、その分医療費もかかってしまうことは避けられません。しかし、近年では糖尿病にかかっていても入れる民間の医療保険があります。特に1型に関しては発症に苦しんでいる子どもを支援しようという思いから作られたものもいくつかあります(ちなみに1型は子どものころからの発症パターンも多いです)。したがって、医療保険を上手に利用していくのも治療を行っていく上で鍵となります。

食事で状態が変わります

1型にせよ、2型にせよ、薬物治療も大切ですが、食事の在り方も大切となります。というのも、食事の如何によって血糖値の状態が変わってくるからです。特に2型の場合、かなり糖尿病が進行していない状態であれば食事だけである程度の改善効果も見込めます。基本はバランスが取れた食事、血糖値が上がりすぎない食事となります。また、肥満は糖尿病をさらに進行しかねないため、カロリーや脂質の多い肥満になり得る食事は厳禁となります。基本炭水化物は血糖値が上がりやすいため食事の中で控えることが求められますが、ものによってはそこまで上昇しない食品もあるため、どれが上昇しやすい食品か可能であれば管理栄養士等から教えてもらうとよいです。